マンションのキッチンリフォームを検討する際に、一番気になってくるのが費用です。いくらでもお金を出せる人ならばいいですが、普通はそうではありません。予算に合わせた計画を立てないと、現実的なプランは立てられません。憧れだけで行動してしまうと、実際には支払えないような高価格になってしまうこともあるので注意が必要です。ここでは、工事の際にかかる費用相場について紹介します。予算を元に工事の規模を決めることが、計画を立てるときには重要です。逆に言えば、予算さえ決まっていればそれに応じた計画が立てられるので、計画倒れにならずに済みます。一戸建てに比べると手を加えられる範囲は広くありませんが、ある程度の自由は許されているので、賢く工事してもらいましょう。

移動しない工事ならば安く抑えられる

マンションの場合、キッチンの移動を伴わないのであればリフォーム費用はI字型の構造で50万から100万円が相場です。移動を伴う大規模な工事を行う場合は、リノベーションとなるので床下に配管ができるスペースがないとできません。一般的なメーカーの機器を導入する工事であれば50万から100万円で、これは同じサイズの機器に交換した場合の費用です。給排水の設備の移動をしないのであれば、価格を抑えることができます。ガスレンジからIHなどの機器に変更する場合は、200V電源引き込み工事が必要になります。また、各戸で使える電気容量が決まっていることが多いので、電気容量が増やせない場合は設置ができないこともあります。この辺りは事前に管理組合に相談しておかないとトラブルの元になります。

大掛かりな工事だと200万円以上になることも

マンションのキッチンリフォームで、位置の変更がなくても、収納キャビネット増設や食器洗浄器の設置、などを伴う場合は費用が加算される要因になります。安く抑えたいのであれは、ワークトップや扉材を安い素材に変えることで対処できます。位置は同じでも、壁を撤去してオープン式にする場合は200万から250万円くらいかかることがあります。オーダーメイドだとさらに高くなります。位置を移動する場合には、200万円以上になる可能性があるので予算と相談することが大切です。また、工事費用には電気配線やガス管の工事費用は含まれていないことがあります。予算ギリギリで工事をしてもらったら、電気工事やガス工事が別に必要になるという可能性もあるので余裕を持って見積もりをしてもらいましょう。